牛刀の購入におすすめの包丁ブランド3選

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/10/12

牛刀の購入を検討中の方のなかには、どこのブランドが切れ味よく長く使えるのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。包丁は、よい品物を購入すれば買い換えの必要もなく、長く使うことができます。本記事では、牛刀のおすすめの包丁ブランド3選と、それぞれの特徴についてご紹介します。一生ものの牛刀を選ぶ参考にしてください。

和 NAGOMI(三星刃物株式会社)

和 NAGOMI(三星刃物株式会社)の画像

和 NAGOMI(三星刃物株式会社)
住所:岐阜県関市下有知5178番地
TEL:0575-22-2345

まずは、包丁づくりのプロと、料理を愛する妻が作った包丁メーカー、和 NAGOMI(三星刃物株式会社)についてご紹介します。

研ぎ直しサービスが充実

和 NAGOMIは、プロが認める品質と、主婦が使いやすさを探求してつくられた包丁です。錆びにくく、刃こぼれしにくいことが特徴です。

切れ味が悪くなってきた場合には、1本1,760円(税込)で、研ぎ直しを依頼することができます。自宅で受け渡しが完了し、申し込みから完了まで簡単に依頼可能です。

研ぎ直しは、職人が本物の切れ味を取り戻すために、一つひとつ丁寧に確認しながら行われます。2~3週間程度で新品のような切れ味になって戻ってきます。

無料レンタルサービス

さらに、長く使った包丁をメンテナンス依頼する際に、代わりの品物を無料レンタルできるのもうれしいポイントです。さらに、無料レンタルでは、値段も性能もプロ仕様から、レギュラー仕様の包丁まで、気になっている商品をレンタルすることができます。購入を迷っていた品を研ぎ直しのタイミングで、試すことができるのもうれしいポイントです。

和 NAGOMI の牛刀

和 NAGOMIの牛刀は、大きな肉や野菜、魚を切るのに適しています。硬い鋼ではなく、さびに強く粘り気のある鋼を使用することで、メンテナンスが楽になる包丁です。

スタンダードな「牛刀」は、13,200円(税込)で、購入が可能です。刃渡りが20.5cm、全長が34.2cm、重量も約190gと牛刀にしてはコンパクトに抑えられています。

研ぎ直し券を1回分プレゼントしてもらえるため、普段使いしやすく、万能包丁として利用できるのもうれしいポイントです。さらに、550円で名入れサービスを利用することができるため、贈答品にも適しています。

YOSHIKIN(吉田金属工業)

YOSHIKIN(吉田金属工業)の画像

YOSHIKIN(吉田金属工業)
本社・工場:959-0221 新潟県燕市吉田西太田2078-3
TEL: 0256-92-4191(代)

次に、世界で活躍するスタイリッシュさと使いやすさを金揃えた包丁メーカーYOSHIKIN(吉田金属工業)をご紹介します。

お手入れが簡単なステンレス素材を採用

和包丁は切れ味がよい反面、錆びやすく、持ち手が木製のものは朽ちやすいため、お手入れが大変という方も多いのではないでしょうか。そこで、切れ味はそのままに、錆びにくく、お手入れがしやすいステンレス素材で、切れ味のよい包丁「GLOBAL」を開発したのがYOSHIKIN(吉田金属工業)です。

GLOBALの包丁は、日本よりもさきに海外で人気となり、だんだんと日本へ人気が浸透してきた歴史を持っています。スタイリッシュな見た目に加えて錆びにくく、切れ味を保ちやすく、メンテナンスが簡単であることが、人気の秘密です。

研ぎ直しサービス

切れ味が悪く、シャープナーを使用しても切れ味が戻らない場合は、研ぎ直しサービスを依頼することができます。専門の職人が手作業で刃付けを行うので、新品のような切れ味を取り戻すことができます。

牛刀の研ぎ直しは1,100円(税込)と送料で依頼でき、1週間から10日程度で返送されます。申し込みもインターネットから簡単に手続きできるのもうれしいポイントです。

YOSHIKIN(吉田金属工業)の牛刀

YOSHIKIN(吉田金属工業)のGLOBAL牛刀は、刃渡り20cm、全長33cm重量が170gとコンパクトです。押し切りをメインに、引き切り、トリミングにも向いており、汎用性も高く、国内外から人気の商品です。

世界に通用するモダンなデザインにもかかわらず、値段は9,900円(税込)で購入することができます。1,100円で名入れを依頼できるので、贈答品にも喜ばれるでしょう。両利き兼用で、贈る方の利き手を気にせずに選べるのもうれしいポイントです。

ミソノ刃物株式会社

ミソノ刃物株式会社の画像

ミソノ刃物株式会社
住所:〒501-3835 岐阜県関市観音前1番地
TEL:0575-22-0070

3つ目に、包丁メーカーの老舗でありプロの料理人からも定評のある、ミソノ刃物株式会社についてご紹介します。

800年の包丁専門メーカーの伝統

ミソノ刃物株式会社は、800年もの歴史を誇る包丁専門のメーカーです。プロの職人が伝統を守りながら、新しい先端技術を取り入れて加工し、鋼やステンレス鋼を中心に、鍛造から刃付けまで一貫して行います。

プロの料理人からも人気のブランドで、用途に合わせて多くの種類の包丁を扱っています。サイズも多く展開されているため、こだわりを持って調理したい方には、とくにおすすめのブランドです。

ミソノ刃物株式会社の牛刀

ミソノ刃物株式会社の牛刀は、種類も多く、プロから一般家庭にまで、幅広く愛されています。

そのなかでも、切れ味の優れた「モリブデン鋼シリーズ」の牛刀は、プロの切れ味とフォルムを持ち合わせています。一般家庭用にスタンダードなサイズの、No.512は、全長34cm刃渡り21cm、重量も160gと軽く扱いやすいため人気があります。1万2,100円(税込)で購入可能です。

まとめ

牛刀を購入するのにおすすめのブランドを3つご紹介しました。和 NAGOMI(三星刃物株式会社)の包丁は、主婦の意見が反映され、とても使いやすい工夫が施されており、扱いやすい包丁をお探しの方にはおすすめの商品です。YOSHIKIN(吉田金属工業)の包丁は、世界が認めるデザインとクオリティーで、お手入れの簡単さにも定評があり、国内外で人気のブランドです。名入れサービスを利用した贈答品としても、幅広い層から喜ばれるでしょう。ミソノ刃物株式会社は、800年も続く伝統と最新技術を駆使し、プロの料理人からも愛される牛刀をつくっており、料理のこだわりが強い方も満足のできる包丁メーカーです。それぞれのブランドや包丁の特徴を比較し、ご自分のライフスタイルに合った包丁を選びましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

社名:株式会社ブレーメン 住所:〒166-0003 東京都 杉並区 高円寺南 5-13-27 unit D TEL:03-6279-3319 hanaは、東京都杉並区に運営母体をおく株式会社
続きを読む
社名:實光刃物 住所:(堺本店)〒590-0931 大阪府堺市堺区錦之町西1-1-9 TEL:072-229-2244 實光刃物(じっこうはもの)は、株式会社實光が展開する料理包丁や料理刃物
続きを読む
食材や果物を切るのに欠かせない包丁ですが、切るものに合わせて種類があるのをご存じでしょうか。中でも、出刃包丁は刃が分厚く頑丈で、魚の三枚おろしや分厚い肉を切るのに適した包丁のことをいいます。
続きを読む